プロフィール
トイレ改修.com 
代表 松永孝良
はじめまして。トイレ改修.comの松永です。

トイレ改修.comよもやま話」

正直申しまして、私自身このサイトを立ち上げるのには少し躊躇いたしました。

その理由は、私の職種が元々大工(今現在もですが)であり、このようなトイレ改修専門ページを作るにあたり過去から言われていた『せっちん大工』という言葉が少し引っかかったからです。

※せっちん大工とは昔から(せっちん(雪隠)=便所の別称で)便所しか造れない大工を意味します。

つまり、せっちん大工とはトイレを造らせる以外に使い道のない大工を意味し、下手な大工を嘲う言葉である(日本語俗語辞書参照)という いわれ があったからです。

ですからその昔には、この言葉の意味するように、「トイレは暗い・汚い」といったイメージでとらえられ、あまり大工さんの造作技術も重んじずに造られていたのではないでしょうか?

しかし現在ではトイレの使い方もイメージも大きく変わりました。

最近では、公共設備(公衆トイレ)においても徐々にではありますが洗浄機能付きの便座も使われるようになってきましたし、また昨今の統計によりますと国内での温水洗浄機能便座は一般家庭の2/3以上の普及率となっていると聞いております。
そしてメーカーさんも高機能トイレ、環境に配慮したトイレ等、続々と発表しております。

私はいままで多くの住宅リフォームの現場に携ってきましたが、トイレの改修だけは何か特別なものを感じておりました。そして最近では介護保険による住宅改修の仕事のなかでトイレ改修工事の比率もだんだん増えてきております。そんな中、お客さまのトイレ工事に対する期待や不安、また完成後の喜び等を目にする機会も多くなりました。

トイレ設備は家の中でも老若男女問わず共用の場所であり、将来の身体状況などによっては改良に対処出来るようプランニングしておく必要もあると思います。また家人だけではなく、お客様もが使用する場所ですから、私の中では最も特別な場所と位置づけて改修工事に臨んでおります。

このページでは、私『平成のせっちん大工…(笑)』がこの特別な存在『トイレ』に焦点を絞り、実際の改修現場で感じたことなどを伝えてゆきたいと思っています。


長くなりましたが、ご興味のある方はどうぞお付き合い下さいませ。

2011年 7月吉日 松永建築 松永孝良 

    【代表 松永孝良の経歴】

    焼津市立焼津西小学校卒業

    焼津市立大村中学校卒業

    静清工業高等学校電気科卒業

    県立浜松建設高等職業訓練校建築科卒業

    松永建築入社 父・職人さんの元で大工修行

    木造住宅・店舗併用住宅、増改築リフォーム工事等の

    様々な現場管理(大工職+現場管理です)を行い現在に至る。

    第20回技能五輪全国大会(建築大工)静岡県代表

    【保有資格】

    一級技能士

    二級建築士

    電気工事士

    静岡県耐震補強相談士


     ご質問やお問い合わせはこちら
     メール: matu2000@thn.ne.jp (原則、24時間以内に返信致します)
    電 話  054−626−0958(日・祭日以外8:00〜18:00)
     
    つながらない場合、または緊急時には
    090-1566-1514(松永携帯電話)

    個人情報の取扱いについて     リンクサイト 木造建専門のリフォーム店


    ホームへ戻る